海外旅行のためのクレジットカード選びで重視したいこと

4-1_img02

海外旅行のガイドブックに必需品として記載されているクレジットカード。
旅行先で現地の通貨がなくなった時にクレジットカードが活躍します。また、身分証明書の代わりになることもあります。
今回は、海外旅行に利用するクレジットカードを選ぶ際に重視したいことを見ていきましょう。

クレジットカードの国際ブランド

海外旅行で使うクレジットカードを選ぶ際に、どの国際ブランドにするかという点が、重要になってきます。なぜなら、国内ではどこでも使えるクレジットカードでも、海外では使えない場合があります。現金がなくなってしまったという不測の事態に対応できないとクレジットカードを持っている意味がなくなります。

“国際ブランド”は主に7つあります。
VISA、MasterCard、銀聯ブランド、アメリカン・エキスプレス、JCB、ダイナース、ディスカバーとなっており、この中で最も使える場所が多いのが、「VISA」「MasterCard」の2大ブランド。シェアはなんと80%。この2つのどちらかのブランドのクレジットカードを持っておくと安心です。

海外旅行保険が付いているクレジットカードで安心な旅行を実現

海外旅行の心配事の1つとして、旅行先でのトラブルが挙げられます。旅先で盗難に遭ったり、病気になったりするかもしれません。
そんなときに入っておくと役に立つのが、海外旅行保険です。これは、旅先でけがや病気になって治療が必要になった場合の費用や、持ち物が盗まれた場合の費用を補償してくれたりします。

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードもあります。中には、年会費無料でも付帯しているものもあります。海外旅行の回数が多い人は、旅行保険が付帯しているクレジットカードを作っておくのがおすすめです。

マイルを貯めて、海外旅行をお得に。

最近、普段のご利用でマイルを貯められるクレジットカードが多くなってきました。日本国内の旅行で使えるマイルは「ANA」と「JAL」の2種類があり、主にそれぞれの航空券の割引に使うことができます。普段の買い物はもちろん、ビジネスシーンでの立て替えなどでマイルを有効に貯めて、無料で飛行機に乗れちゃう人もいるのです。それほどマイルは注目を浴びてきています。

クレジットカードによっては、飛行機の搭乗の際に最もマイルが貯まるものもあります。最近ではLCCの普及に伴ってANAやJALをあまり使わないなんて方もいらっしゃいます。旅行が趣味という方は、前途のように有効にマイルを貯めて、飛行機代を節約するのもひとつの手です。

トランジットで役立つ空港ラウンジ。無料で利用できるクレジットカードを選ぼう。

海外旅行に関係するクレジットカードの機能やサービスはまだまだあります。それだけクレジットカードは海外旅行と親和性があるということですね。
その機能とは、クレジットカードを提示するだけで、「空港ラウンジを無料で利用できるサービス」です。

世界各国どの空港でも使えるかは、クレジットカードによって変わってきます。国内の空港ラウンジのみ使えるクレジットカードもあれば、プライオリティパスという世界900ヶ所以上のラウンジを利用できるクレジットカードもあるのです。

また、海外旅行保険や空港ラウンジサービス等のサービスが付帯しているクレジットカードはゴールドカードであることが多いです。ゴールドカードもそれらの充実した機能・サービスを売りにしています。
ゴールドカードは持っていると社会的ステータスにもなりますので、一緒にご検討されるのも良いですね!